2012年5月31日木曜日

FUNKOT NEVER DIE!!(インドネシアのDTM世代によるFUNKOTコンピ)

日本にFUNKOTが流入して三年、インドネシアでもやや開かれた存在となり、ネット上で気軽に聞けるようなった事で、 現地の危険なディスコに行った事がないようなインドネシアの若いDTMを趣味とする若者達 がFUNKOTに影響を受け始め、改めて自国の誇る電子音楽という事を認識しはじめたようです。 

DJ JETBARONも日本代表としてこのFREEコンピに楽曲を提供させてもらいました。

 新世代のインドネシアDTMミュージシャンによる「実験的」FUNKOTコンピ

 FUNKOT NEVER DIE!!




















ダウンロードはこちらから。




 =======TRACKLIST========= =========================
 1. DJ DOMBL3H - salomostep (JKT/IND )
 2. DJ JETBARON - cingcangkeling 2012 (YKM/JPN)
 3. DJ UNYU FT. NIVLA - suka suka (BKS/IND)
4. DJ GENTHO ALAS - hardfunk (CPU/IND)
5. TERBUJUR KAKU - hanya kamu (SBY/IND)
6. DJ KOH MBING - hard dugem fucka (BTR/IND)
7. DJ C-PIT - sumpah bukan funkot lay (BKS/IND)
8. DJ LUPHYLUVHY - mas mase maleh doyan mainstream (MDR/IND)
9. DJ OGBM - the barbelhead (GRS/IND)
10. FDJ - funkotoke (YK/IND)





=====SALAM EXTREME!=====
========================

extreme production dengan bangganya mempersembahkan
FUNKOT NEVER DIE! COMPILATION

Kompilasi ini ditujukan bagi para pendengar sejati funkot,
dan para elektronik musician. kita sedikit bereksperimen
dengan genre yang notabene khas asli indonesia ini. meskipun
genre ini sudah dianggap mainstream, kita membuatnya menjadi lebih extreme.

Musik funkot saat ini sudah dianggap tabu oleh beberapa kalangan.Tapi bagi kami khususnya yang bergerak di bidang
musik elektronik, funkot merupakan sesuatu yang masih menjadi bagian sendi sendi dunia musik elektronik.
Bahkan kemahsyurannya sudah sampai di negri sakura Jepang.
pada dasarnya funkot itu mempunyai elemen dasar seperti bpm cepat,suara cowbell,
bassline khas musik indonesia ( dangdut ),synth, dsb.
yang coba kita ramu untuk menjadi sesuatu yang fresh! dengan tetap menggunakan dasar pakem dari funkot itu sendiri.





 ========================= ライナー翻訳 ========================= 

このコンパイルは、真の電子音楽家やfunkotリスナーためのものです。
私たちの小さな実験 このジャンルはネイティブのインドネシアの代表的な事実である。
 しかしこのジャンルが主流とみなされ、我々はそれがもっと極端にします。 
Funkotの音楽は、現在電子音楽のフィールドに従事する人々、 特に私たちにとってタブーと考えられている しかしfunkotは電子音楽の世界の一部であるものです。
 Kemahsyurannyaも桜の国、日本に行った。(?)

 funkotは、基本的にそのような速いBPM、カウベルの音、などの基本的な要素を持つ インドネシア典型的なベースラインの音楽(ダンドゥット)、シンセなど まだfunkot自体の基本的なグリップを使用しながらも私たちそれをさらに新鮮なものにします。
 ========================= 

(僕の楽曲を除いて)いわゆるイントロが無かったりするので 現場仕様のファンコットとは違う楽曲になっていますが、いわゆるファンコット的な要素 を取り入れつつもさまざまな工夫を凝らしてあり面白い仕上がりになっています。 正統なファンコットは完全なる現場のダンスミュージックとしてこれからもDJ達によって進化し、 生き続けると思いますが、現場を知らないミュージシャンによって一種の電子音楽として取り扱われ、なおかつ自国の音楽に誇りを持つ動きであり、さらにそれを進化させようとする新しい動きだと考えてよいのではないでしょうか?

1 件のコメント:

  1. ウシロダです。ダウンロードさせて頂きました!テリマカシー!

    返信削除